投資に関心のある方や金融商品への理解を深めたい方のための基礎情報サイト

株の性質を把握しておこう

株式の基本的な特徴

株は一般に株式を指し、株式は会社から購入できる株主証明券のようなものというのが、シンプルな考え方になります。

もっと詳細に述べるのであれば、株式とは株式会社を対象とした出資にあたり、会社が発行する有価証券の一種です。
投資にあたるため当然ながらリスクを伴い、株式価格の変動によって増益や損益が左右されます。

また、株式の保有数が多ければ多いほど株主としての発言権が増し、株式を保有する会社への発言権が得られるようになり、大株主ともなれば会社の経営そのものに対して干渉することが可能ですが、これには莫大な資金が必要となるので、資金運用の一環を目的とした株式の保有者であれば、株式の基本的な特徴の一つとして把握しておけば十分でしょう。

企業への投資が主体となる株

株式の基本的な投資先は株式会社となりますが、資金運用を考える場合、株式投資にはどのような特徴があるのでしょうか。

株式会社が株式を発行するのは、資金集めのためであり、株式への投資は株式会社の収益が増益することを見込んで行われる投資という事になります。

そのため、資金運用として株式投資を考えるのであれば、株式会社の経営が円滑に行われることが前提となる訳ですが、円滑な運営が見込まれる株式会社の多くは、大手企業であり、株価が高額で多額の資本金が用意できないのであれば、資金運用には不向きです。

一方、中小や新興の株式会社の場合は、よほど経営基盤が強固なものでない限り、市場の影響がモロに出やすく、極めて株価が不安定なのですが、裏を返せば株価の爆発的な向上の可能性もあることになり、少額の資金が高額に化けることもあり得ます。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ